エレキギターコース

sheermusic facebook ページ

ワンポイントレッスン

上達のコツ。

初心者の方が勘違いしやすいのが、ギターのコードをすべて細かく頭に叩き込まなくてはいけない、ということ。コード表を見ると膨大な数に見えますが、実際に使用する基本の押さえ方は数パターンに決まっています。まったく違うコードでも、実は手の形を全く変えず、位置を少しずらすだけでOK、というコードもあります。まずはC、G、Em、D、このコードを覚えれば簡単に曲が弾けたりもするので、是非気軽な気持ちでチャレンジしてください。

ページTOPへ

意外と知らない楽器のこと。

ギターの練習でよく意識されるのが、左手のコードを抑える指使いです。ところが重要なのは右手の弦をピックでストロークする部分だったりします。生徒様から『音がきれいに鳴りません。』と相談をうけることがありますが、大体左手の押さえ方ではなく、右手のストロークがきちんとできていなくて、音がしっかり出ていなかったりします。レッスンでは意外と重要なポイントを発見することで、正しい知識を身に付けていただければと思います。

ページTOPへ

始める前の豆知識。

少しマニアックな話になりますが、巷でよしとされていることが実は間違った楽器の知識である、ということがあります。例えばチューニングする際に、ハーモニクスと言って5弦の7フレットで音程を合わせる方法がありますが、実はそれでは正しいチューニングはできません。独学で始めると間違った方法でギターの知識や技術が身についてしまう傾向があるので、レッスンで正しい方法を学び、スキルアップしていきましょう。

ページTOPへ

応用できる裏テクニック。

先ほどコードについて少しお伝えた通り、コードの種類をすべて暗記しようとせずに、基本の形を覚えて応用することが重要です。数パターンのコードの基本を身に付けて応用ができるようになると、曲のレパートリーもグンと広がります。自分が弾きたい曲を弾けるようになるためにも、まずは頻繁に使用するコードから身に付けていきましょう。